EVENT

京都銭湯芸術祭二◯一五 オープニングパーティ

出展アーティストによる作品の解説
京都銭湯芸術祭とサウンドアーティストSamuel Andréとのコラボレーションによるパフォーマンス など

日程=2015年4月19日(日)
時間=17:00〜
場所=堀川団地(上長者町棟535号室)
ゲスト=Samuel André(サウンドアーティスト)
参加費=500円(1銭湯ドリンク制)

公開 Meet/ing

ゲストに加え、出展アーティスト、実行委員会を交えた三者で、
銭湯における芸術の在り方や展示作品ついて話し合う中から、賞を決定していきます。

日程=2015年5月10日(日)
時間=17:00〜
場所=聚落会館(京都市上京区中立売通堀川西入役人町 257番地)
賞=湯賞、湯衆賞、湯湯生
ゲスト=吉岡洋(京都大学教授)、Yotta(アーティスト)

吉岡 洋 | 京都大学教授 美学・メディア論
1956年京都生まれ。1985年京都大学大学院文学研究科博士過程退学。甲南大学、IAMASを経て、現在は京都大学文学部で美学芸術学を担当。『情報と生命』(新曜社,1993年)、『〈思想〉の現在形』(講談社,1997年)等の本を書いたり、インスタレーション作品「BEACON」の制作、批評誌『ダイアテキスト』(京都芸術センター)編集長、「京都ビエンナーレ2003」「岐阜おおがきビエンナーレ2006」ディレクター、「世界メディア芸術コンベンション」(2011-2013)座長など、思えばいろんなことをしてきた。最近は『パラ人』『有毒女子通信』等の編集も。
Yotta | アーティスト
木崎公隆・山脇弘道からなる現代アートユニット 。ジャンルや枠組みを横断し、多様な価値の創造を目指して活動を続けている。現在は自分達のアイデンティティを顧みる「イッテキマスNIPPON」シリーズを製作中。プロジェクト形式で“モノとコト” を創造する。

西垣工務店トーク&クロージングパーティ

西垣工務店(京都銭湯芸術祭実行委員会)による京都銭湯芸術祭や
堀川団地に展示される銭湯をモチーフにした作品についてのトークイベント など

日程=2015年5月17日(日)
時間=17:00〜
場所=堀川団地(上長者町棟535号室)
参加費=500円(1銭湯ドリンク制)